お薬の飲ませ方

錠剤やカプセルの場合

犬の場合

①親指と人差し指を犬歯の後ろに差し込むようにして上あごを抑え、鼻先を少し持ち上げるようにします。

②もう片方の手の親指と人差し指で薬をつまみ、残りの3本の指で口を押し開けて、舌の奥の方に薬を置きます。

③すばやく口を閉じ、鼻先を少し持ち上げたまま、のどをやさしくなでます。

猫の場合

①顔を少し上に向けるように、しっかりと頭を保定します。

②もう片方の手の親指と人差し指で薬をつまみ、残りの3本の指で口を押し開けて、舌の奥の方に薬を置きます。

③飲み込めるまで顔を上に向けるようにし、のどをやさしくなでます。

液体の場合

犬の場合

①口を閉じたまま、鼻先を少し持ち上げて保定します。

②犬歯の後ろのすき間にスポイトなどを差し込み、ゆっくりとお薬を流し込みます。

③飲み込めるまで鼻先を少し持ち上げたまま保定します。

 

猫の場合

①顔を少し上に向けるように、しっかりと頭を保定します。

②犬歯の後ろのすき間にスポイトなどを差し込み、ゆっくりとお薬を流し込みます。

③飲み込めるまで鼻先を少し持ち上げたまま保定します。