スキンケア


犬や猫の皮膚は人よりもデリケートです。皮膚病は最も発生が多い病気です。定期的なケアが何よりも大切です。

人の犬の皮膚の違い

 犬の皮膚

人の皮膚

表皮 3~5細胞
アポクリン汗腺
(肉球のみエクリン汗腺)
表皮 10~15細胞
アポクリン汗腺およびエクリン汗腺
 pH 5.5~9.2
体毛成長 周期的
表皮回転周期 およそ20日
pH 5.5 (弱酸性)
体毛成長 連続的
表皮回転周期 およそ28日

シャンプーの使い方

① 下洗い(およそ5分)

② 10分間マッサージ。薬液を体重1kgあたり1ml使用してください。

③ ぬるま湯(約30~35度程度)を使い、5分程度すすぎをしっかり行う。

④ タオル3枚を使ったタオルドライが基本です。

⑤ 短毛種であればドライヤーは必要ないです。ドライヤーを使うときは冷風が基本です。

 

よくあるご質問

Q: 犬に人間用シャンプーって使えますか?

A: 単純に汚れを落す目的であれば使うことはできます。ただし皮膚病の犬には後で皮膚トラブルになる子も多く使わない方が無難です。

一般的にシャンプーは、汚れ落ちが強くなるほど、皮膚への刺激が強くなります。低刺激シャンプーを使うと、匂い落ちが弱くなります。犬の皮膚は、上の表にあるように人間よりも薄くてデリケートです。

Q: シャンプーをした後に痒がる事がありますが、注意点を教えてください。

A: まずは、しっかりすすぎをすることが大切です。洗う温度もちょっとぬるい位がちょうど良いです。

乾燥はタオルドライを基本として、ドライヤーを使いたい時は、温風ではなく冷風を使ったほうが無難です。

犬用シャンプーの中でもその品質に大きな差があり、個々の犬の肌に合う合わないがあります。「毎日洗えるシャンプー」といった商品も売られていますが、皮脂が少ない犬にはかえって悪化する場合もあるので獣医師に相談したほうが良いと思います