獣医科


本院に所属する獣医師はすべて専門病院や大学病院で研修を受けており、高度化する獣医療にも対応する事が可能です。肛門腺処置やお耳掃除など簡単な処置から、難治性内科疾患及び各種外科手術まで質の高い医療を提供しております。

インフォームド・コンセントに重点を置き、詳しい説明はもちろん、電子カルテ、各種検査データ、レントゲン写真など、すべてデジタル管理を行い、専門病院や大学病院へのデータ提供を容易にしています。

さらにセカンド・オピニオンとしての診察も受け入れております。

仔犬子猫の病気

千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科では、免疫力や体力の弱い仔犬や子猫がかかりやすい病気とそのおもな症状に対しても最善の対応を致します。

詳しくはこちら

内科

千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科では、ペットの下痢や嘔吐などは、消化管だけの問題ではなく、感染症が原因の場合やあるいは肝臓や腎臓に原因がある場合もあります。また熱っぽい・食欲がない・なんとなく元気がないなどの症状は、消化管や内臓から血液に至るまで全身から原因を追究する必要があり、一般内科診療科として診療致します。

詳しくはこちら

皮膚科

千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科では、毛が抜ける、痒がる、赤みや湿疹などの症状の場合、単純な細菌、真菌、寄生虫感染以外にも食物アレルギー、アトピーやホルモンバランスの異常、免疫病や皮膚腫瘍の可能性があり、皮膚科として診療致します。

詳しくはこちら

心臓循環器

心臓循環器とは心臓と全身に血液やリンパ液を循環させる器官のことを差します。心臓や循環器に異常が生じると血液を体に送る事が出来なくなり、細胞に十分な酸素や栄養供給ができなくなり、細胞の機能が低下したり、最悪の場合死に至ります。犬の心臓疾患は高齢化に伴い、増加傾向にあります。早期発見、早期治療が大切です。千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科では、心臓循環器科診療も致します。

詳しくはこちら

腫瘍

しこり・できものがある、はれているなど体の表面であれば手術により根治の可能性もあります。しかし腫瘍は内臓や血液にも発生することもあり、その場合は飼い主様が異常に気付く頃にはかなり進行してしまっています。千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科では、腫瘍科診療も致します。

詳しくはこちら

脳神経

段差を登らなくなった、後ろ足がふらつく、麻痺して立てないなどの症状は椎間板ヘルニアなどによる脊髄損傷の可能性があります。ケイレンしている・めまいを起こしてるなどは、内臓疾患が原因の事もありますが、多くはてんかんや脳の炎症・腫瘍など脳神経の異常が疑われます。千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科では、脳神経科診療診療も致します。

詳しくはこちら

泌尿器科

尿が赤い、トイレが長い、何度もトイレに行く、などの症状は膀胱や尿道の疾患。よく水を飲む、尿がうすく量が多いなどの症状は腎臓疾患の可能性があります。本院では尿検査はもちろん、単純レントゲン、造影検査、超音波検査および血液検査を用いて迅速に診断治療いたします。千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科では、腎泌尿器科診療も致します。

詳しくはこちら

外科

千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科では、一般的な内蔵、消化器系の手術だけではなく、帝王切開、骨折、脱臼などに対する整形外科まで広い範囲の外科的手術を行っております。

詳しくはこちら

先端医療

動物の寿命が延びるに従って、様々な疾病が増えてきます。高齢により麻酔のリスクが高くなるため積極的な麻酔下での処置が難しくなったり、生活様式が屋外から屋内にシフトしたことから動物もハウスダストによるアレルギーや精神的な疾患が増えたりしております。千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科では、そうした動物たちの治療に先端医療を用いております。

詳しくはこちら

眼科

眼の病気は、飼い主さまが一番気が付きやすい病気。ですが放置をしておくと悪化し失明するリスクがあります。千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科では、ペットの眼科診療も致します。

詳しくはこちら

麻酔科

麻酔のお陰で動物に対して大きな痛みを与えずに外科的な処置が出来る事が可能になりました。麻酔の目指すものは「安全にかけて、確実に覚ます」ことです。昔に比べると、安全性の面では格段に進歩していますが、今でもまだ生体に対してまったくリスクのない麻酔方法は存在していないのも事実です。よって考えるべきはいかにして麻酔のリスクを軽減するかが重要になります。すなわち限りなく、麻酔のリスクを0に近づけるようあいペットクリニック稲毛獣医科では努力しています。

詳しくはこちら

ウサギの病気

ウサギ・ハムスターは 犬や猫と同じ哺乳類ではありますが、その食事や生活様式はまったく異なります。また野生下では捕食される側の動物であり、些細なことでもストレスになり体調を崩すことがあります。さらに体の小ささから検査・治療がスムーズに進まないこともしばしばあります。千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科では、ウサギ・ハムスターなどの診療も致します。

詳しくはこちら