不正咬合(臼歯過長)

   
   

 

概要

ウサギの歯はかたい植物を食べても磨り減ってしまわないように、前歯も奥歯(臼歯)も一生伸び続 けます。しかし逆に柔らかいものばかり食べていると歯が削れずに伸びすぎて、頬の粘膜や舌を傷つけてしまいます。症状としては、口の痛みから食欲や元気が 無くなり、歯ぎしりやヨダレが多く観られます、両方の前足がヨダレによって汚れてしまいます。また歯が根っこ側に延びてしまうケースもあり、涙眼の原因に なったり、下顎に膿瘍ができたりします。

治療と費用

治療は伸びすぎた歯を削る処置をします、前歯の場合は無麻酔でも可能ですが、奥歯(臼歯)の場合は一般的に鎮静鎮痛下での処置になります。

①前歯のみの場合

処置料 ¥2,000~¥3,000になります。

②奥歯の場合

A 麻酔前検査

麻酔前血液検査 ¥7,000*

麻酔前レントゲン検査 ¥4,500*

B 歯科処置

鎮静鎮痛処置 ¥3,500*

処置料 ¥5,000*

点滴および半日入院 5,000*

内服薬 ¥3,000*

合計でおよそ ¥20,000~¥30,000となります。

(*概算)

予防

予防としては、常日頃からあまり柔らかすぎる物を与えないようにします、適度な硬さの長めの牧草を常に食べれる環境にして、齧り木などの堅い 木などもケージに入れてあげましょう。