毛球症(消化器失調)

原因

ウサギは毛繕いすることで被毛の健康状態を保っています。しかしながら猫とは違い、体の構造上飲み込んだ被毛を吐き出すことが出来ません。胃の中に被毛が溜ってしまうと胃などの消化管の機能が低下して食欲や元気がなくなったり、便が小さくなったり便量が減ったり、お腹を床にこすったりもします。最悪の場合は胃が破裂などして死に至るケースもあります。

治療

基本的には消化管の動きをよくする投薬や強制給仕などの内科療法で治りますが、重度の場合には外科手術が必要な場合もあります。

①内科治療

レントゲン検査 ¥4,500*

点滴治療 ¥4,000*

内服薬 ¥3,000*

合計で¥10,000~¥15,000

②外科治療

上記の内科治療に加えて、手術費用および入院費として¥50,000~80,000程度

予防

短毛種ならば換毛期(春・秋)に・長毛種ならば毎日しっかりブラッシングを行うこと、常日頃から高繊維質の食事を心がける、ストレスを少なくする(スト レスは過剰な毛繕いの原因です)、カーペットや電気コードなどの異物を齧らせない、などが挙げられます。