仔犬子猫の病気


まだ免疫力や体力の弱い仔犬や子猫は、様々な病気にかかりやすいです。

このページは、仔犬や子猫がかかりやすい病気とそのおもな症状、予防・対処法について解説します。

仔犬子猫の病気でよく見られる症状

食欲がない(食欲不振)

一般的に広くみられる病気です。飼育環境の変化や食事の変化などでストレスを受けてしまい、食欲が低下する事が多くみられます。ペットショップで購入する際には、食欲の有無を確認した方が良いと思います。

 

咳をする(ケンネルコフ)

仔犬の咳の場合、特にケンネルコフとも呼ばれ、代表的な病気です。放置すると気管支炎や肺炎を併発する怖い病気です。またペットショップなどの多頭飼い環境の中で広く伝搬する事が多くみられます。

 

猫の咳の場合は、犬と同様に感染症の可能性が多いですが、先天性の心臓病の可能性もあります。

 

仔犬子猫の病気の検査

あいペットクリニック稲毛獣医科では、聴診、触診はもちろん、レントゲン検査、超音波検査、場合によっては血液検査を用いて迅速に診断治療いたします。

仔犬子猫の代表的な病気

誤飲

誤飲、つまり、仔犬や子猫が誤って食べ物以外の物で生体に影響のあるもの(すなわち異物)を食べたことによっておこる、主に嘔吐、下痢などの消化器症状を表す病気です。誤飲の可能性がある場合のレントゲン検査での診断、治療、予防のためのしつけ、関連疾患については、千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

ケンネルコフ

犬の伝染性気管支炎は別名、ケンネルコフと呼ばれており、仔犬に多く見られる病気です。原因は、ストレス環境下で免疫力がまた未熟な仔犬に対して、細菌やウイルス感染が混合感染することによっておこります。予防ワクチン接種でしたら千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

犬パルボウイルス感染症

犬パルボウイルス感染症は、犬パルボウイルスに感染した便や嘔吐物などを、他の犬が舐めたり触れたりした場合に接触感染します。犬パルボウイルス感染症の予防ワクチン接種、診断・治療でしたら千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

犬ジステンパーウイルス感染症

犬ジステンパーウイルス感染症は、犬ジステンパーウイルスDistemperに感染することで発症します。極めて感染力が強く、既に感染している犬の目やにや鼻水、唾液、尿、便などに接触して感染(接触感染)したり、その犬の咳やくしゃみで空中に飛散したウイルスを吸いこんだりして感染(飛沫感染)します。ジステンパーの予防ワクチン接種や、発症後の治療は千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

内部寄生虫

犬の体につくノミやダニなどを外部寄生虫というのに対し、体の内部に寄生する回虫やフィラリア虫などを内部寄生虫といいます。コクシジウム症・犬回虫・犬鉤虫・鞭虫・瓜実条虫などの内部寄生虫の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら