先端医療


動物の寿命が延びるに従って、様々な疾病が増えてきます。高齢により麻酔のリスクが高くなるため積極的な麻酔下での処置が難しくなったり、生活様式が屋外から屋内にシフトしたことから動物もハウスダストによるアレルギーや精神的な疾患が増えたりしております。

あいペットクリニックでは、そうした動物たちの治療に先端の医療を用いております


AI Pet Clinic – Advanced Medication

減感作療法

減感作療法はアレルギーの原因となっている物質(食物を除く、花粉、カビ、ダニ等のアレルゲン)の抽出物を少しずつ、量を増やしながら皮下注射をすることによって、そのアレルゲンに対して体を慣らさせて、アレルギーを発症させないようにする治療法です。減感作療法での治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

インターフェロン療法

インタードッグは、イヌインターフェロン-γ(組換え型)を有効成分とする犬のアトピー性皮膚炎治療薬として東レが開発し、2005年より日本で製造販売しています。最も新しい治療方法で、免疫のバランスを取る事でアレルギー症状の緩和をします。人の領域では、腎癌、成人T細胞白血病などに対する治療薬として使用されています。獣医領域でも抗がん作用も注目を集めています。インターフェロン療法での治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

オゾン療法

濃度表付き動物用オゾン発生器【Petfine(ペットファイン)TK-20】は、適正な濃度のオゾンを適正な使用量だけ採取できるオゾンの生成器です。獣医療用のオゾン発生器を使用したオゾン療法(アンチエイジング・消炎鎮痛作用・抗アレルギー作用・免疫細胞活性化作用)での治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

レーザー治療

あいペットクリニック稲毛獣医科では、飼い主様の大切なペットを少しでも、疾病や手術からの痛みを軽減するために、最先端技術である、高出力半導体レーザー機器を導入しております。手術に積極的に使用しており、安全かつ痛みの少ない手術を可能にしています。とくに高齢動物やハムスター等のエキゾチックアニマルへの手術の負担を最小限にしてくれます。レーザー治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

凍結療法

凍結療法は、繊維構造を保ちながら患部組織を凍結し細胞を破壊させ、標的とするイボなどを自然脱落させる方法です。あいペットクリニック稲毛獣医科では、獣医療用のクリヨペンという機材を使用します。凍結療法での治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

セラミド&アルカリ温浴療法

体の外側を覆っている角質層(すなわち肌)は、皮膜によって覆われており、外部からの雑菌やアレルゲンが侵入する事を防御しています。外的要因あるいは内的要因によって皮膜が厚くなったりあるいは薄くなったりする事で皮膚病が生じるメカニズムが説明できます。被膜が薄くなる乾性脂漏症、皮膜が厚くなる油性脂漏症、その両方が複合している複合型脂漏症があります。セラミド療法&アルカリ温浴療法での治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら