一般内科診療


 下痢や嘔吐などは、消化管だけの問題ではなく、感染症が原因の場合やあるいは肝臓や腎臓に原因がある場合もあります。

また熱っぽい・食欲がない・なんとなく元気がないなどの症状は、消化管や内臓から血液に至るまで全身から原因を追究する必要があります。

このページは、一般内科診療科での病気の主な症状、予防・対処法について解説します。

フィラリア症

フィラリア症は、フィラリアDirofifilaria immitis という寄生虫が蚊を媒介にして犬に感染する病気です。体内に感染した幼虫は次第に成長し、新たな子供を産むために心臓に住みつきます。フィラリア症の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

内部寄生虫

犬の体につくノミやダニなどを外部寄生虫というのに対し、体の内部に寄生する回虫やフィラリア虫などを内部寄生虫といいます。コクシジウム症・犬回虫・犬鉤虫・鞭虫・瓜実条虫などの内部寄生虫の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

犬ジステンパーウイルス感染症

犬ジステンパーウイルス感染症は、犬ジステンパーウイルスDistemperに感染することで発症します。極めて感染力が強く、既に感染している犬の目やにや鼻水、唾液、尿、便などに接触して感染(接触感染)したり、その犬の咳やくしゃみで空中に飛散したウイルスを吸いこんだりして感染(飛沫感染)します。ジステンパーの予防ワクチン接種や、発症後の治療は千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

胃腸炎

犬の急性胃炎の原因の多くは、ゴミ箱の中や道端に落ちている痛んだ食べ物を摂取することや食べs義、極度の空腹などが原因で起こります。また慢性胃炎の原因もさまざまですが、慢性的にいに負担がかかり起こることもあります。犬の胃腸炎の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

膵炎

膵炎は、胃炎による激しい嘔吐、腫瘍や消化管内の異物などで膵管が閉塞した時、事故などで膵臓を傷つけた時など様々な原因で活性化した膵液が、膵臓自体を消化し、炎症が広がる事で生じます。膵炎の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

肝炎

肝炎は、感染性と非感染性の2つに大別されます。感染性の肝炎として代表的なのは、犬アデノウイルス1型に感染することで発症する、犬伝染性肝炎です。一方、非感染性は遺伝性のものが多いです。 肝炎の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

胆泥症

胆泥症とは、胆汁が濃縮して変質し泥状に変性したもの(胆泥)が胆嚢に貯留した状態をいいます。また似た病気として、非炎症性の胆嚢管閉塞に起因する「胆嚢粘液嚢腫」も注意が必要です。胆泥症の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

クッシング症候群

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)は、下垂体性PDH、副腎性ATH、また医原性つまりステロイド剤の過剰投与に原因が考えられます。クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

アジソン病

アジソン病(副腎皮質機能低下症)は、クッシング症候群とは反対に副腎皮質ホルモンが欠乏する病気です。主に自己免疫疾患によって副腎組織が破壊される事が原因ですが、90%以上破壊されないと臨床症状は現れません。アジソン病(副腎皮質機能低下症)の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は自己免疫疾患である、免疫介在性甲状腺炎が主な原因です。すなわち甲状腺自己抗体が甲状腺組織を攻撃し、徐々に炎症を起こし組織が破壊される事で、甲状腺ホルモンが減少し、様々な症状を引き起こします。甲状腺機能低下症の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症は甲状腺と呼ばれる内分泌臓器が異常亢進を起こし、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。甲状腺ホルモンは過剰であると、代謝が促進されすぎて、心疾患や腎疾患などの症状を引き起こします。犬に発生する事はまれで、主に高齢の猫に発生します。人間ではバセドウ病と呼ばれています。甲状腺機能亢進症の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

糖尿病

糖尿病は、膵臓にあるランゲルハンス島のβ細胞から分泌されるインスリンという ホルモンの分泌の低下や作用の低下によって起こる病気です。多飲、多尿、多食が一般的に見られます。多食傾向にあるもののだんだんと痩せてしまう事もあります。猫の場合は、必ずしも多食傾向にならない事が知られています。糖尿病の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら