アジソン病(副腎皮質機能低下症)


原因

クッシング症候群とは反対に副腎皮質ホルモンが欠乏する病気です。主に自己免疫疾患によって副腎組織が破壊される事が原因ですが、90%以上破壊されないと臨床症状は現れません。

一次性

副腎組織が破壊される事が原因
犬では一般的

二次性

脳下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が不足する事が原因

医原性

ステロイド剤治療、ミトタンによる治療、副腎摘出など


症状

「他の病気のまねをする」と言われるほど臨床症状が曖昧で多様なため、虚脱、食欲不振、沈鬱など急性症状が起こるまで気がつかない場合が多いです。
また、アジソン病の7割がメスと言われるほど、オスに比べてメスの方が発症しやすい傾向にあります。 4歳前後のメスに多く発症するといわれています。


治療

フロリネフというホルモン剤を長期にわたり飲む事が一般的な治療です。ただし非常に高価な薬で1錠300円~500円のものを一日2錠与えるとなると薬代だけでも膨大が金額になります。

当院では3~4週間に1回の注射+低用量のステロイド剤の投薬で、効果的かつできる限り治療費の金額を抑えた治療を行っています。

アジソン病の治療費でお困りの方は当院までご相談ください。


予防

血液検査で高カリウム血漿(Na/K比の異常)が見られる事があります。定期的な健康診断をお勧めいたします。

ACTH刺激試験で確定診断をします。


関連疾患

クッシング症候群


好発犬種

プードル、ウエスティー などのメス犬に発症し易い