フィラリア症


原因

フィラリアDirofifilaria immitis という寄生虫が蚊を媒介にして犬に感染する病気です。体内に感染した幼虫は次第に成長し、新たな子供を産むために心臓に住みつきます。


症状

感染の初期は血液の流れが悪くなる事で、咳や呼吸が速まるなどの症状が出ます。感染が進行すると、体重減少、貧血、腹水などを引き起こします。


治療

症状の度合いや、動物の状態にもよりますが、早期のものであれば内科療法を用いて、内服薬や注射で対処します。フィラリアが起因して愛犬の体に別の症状が出ている場合はその対処も行います。

急性の場合には外科治療によりフィラリアを摘出します。ただし、もしも無事に治療が完了しても、フィラリアが住みついた事によって傷ついてしまった心臓や内蔵が元に戻るわけではありません。その後も獣医の指示に従って然るべき対応をしてあげてください。例外として、老年などにより愛犬に手術を行えない場合は食事療法と薬を用いて、咳を抑えたり、腹水を軽減するという対処療法を行います。


予防

毎月きちっと飲み薬などを投与することで100%予防する事が出来ます。獣医師の指示に従って、決められた期間中、決められた量を必ず与えてください。シーズン前には定期健診の際には愛犬が間違いなく感染していないかどうかをちゃんと検査してあげてください。


関連疾患

内部寄生虫


好発犬種

犬全般、野外飼育をしている場合は特に注意。