糖尿病


原因

糖尿病は、膵臓にあるランゲルハンス島のβ細胞から分泌されるインスリンという ホルモンの分泌の低下や作用の低下によって起こる病気です。

インスリンは、体の血糖値を下げる作用を持っているホルモンです。そのインスリンの分泌の低下や作用の低下が起こると、 高血糖(280mg/dl以上の高い血糖値)になり、尿の中に糖がでて、 いわゆる「糖尿病」となります。

Ⅰ型糖尿病
インスリン依存性糖尿病

インスリンが分泌されないため、
インスリン注射による治療
犬で多く見られる。

Ⅱ型糖尿病
インスリン非依存性糖尿病

インスリンの分泌が不十分なため、
食事療法血糖降下剤で治療
人で多く見られる。猫に見られる。

 境界型糖尿病
耐糖能障害

 ストレスによる一時的な血糖値上昇 猫で多く見られるが、ほとんどの場合治療の必要なし。

症状

多飲、多尿、多食が一般的に見られます。多食傾向にあるもののだんだんと痩せてしまう事もあります。

猫の場合は、必ずしも多食傾向にならない事が知られています。またかなり悪化した状態まで症状が現れない事も多く見られます。

また合併症を引き起こす事が知られており、肝リピドーシス、肝硬変、急性膵炎、腎不全、細菌感染による膀胱炎、皮膚炎などのリスクが高まります。さらに高血糖が続くと、脂肪の分解が亢進して、血液のpHが酸性側に寄った状態(糖尿病性ケトアシドーシス)となり、 昏睡に陥り死んでしまうことも少なくありません。


治療

インスリン療法が基本になります。またロイヤルカナン社の糖コントロールなど療法食を併用する事を推奨します。

猫のⅡ型糖尿病の場合は、経口血糖降下剤(グリピジドなど)が有効な場合があります。


予防

有効な予防方法はありませんが、定期的な尿検査あるいは血液検査で、血糖値や糖化アルブミンなどを測定する事で早期発見をする事が出来ます。


関連疾患

甲状腺機能低下症、クッシング症候群


好発犬種

ミニチュア・ピンシャー、ダックスフント、ビーグルなど