膵炎


原因

膵炎は、胃炎による激しい嘔吐、腫瘍や消化管内の異物などで膵管が閉塞した時、事故などで膵臓を傷つけた時など様々な原因で活性化した膵液が、膵臓自体を消化し、炎症が広がる事で生じます。

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)や上皮小体機能亢進症といった病気、ウイルスや寄生虫の感染、ステロイド剤や利尿剤といった薬物の投与、腹部の外傷や手術などが要因となることがあります。


症状

急性膵炎では、発熱や元気・食欲の低下、腹痛、浅速呼吸、嘔吐や下痢、脱水などが現れます。

重度の場合、致死率が高く、合併症も起こします。


治療

膵炎の治療は内科的治療が主で、輸液療法を行うとともに制吐剤や鎮痛剤、抗生剤などの投与を行います。

また低脂肪・低タンパクの食事療法も行います。


予防

膵炎を予防するには、栄養バランスのとれた食事を適度に与え、脂肪分の多い食事やおやつを与えないようにします。


関連疾患

胃炎、肝炎


好発犬種

膵炎は、中年齢以上の犬での発症が多く、雌での発生が高いです。

トイ・プードル、ミニチュア・シュナウザー、ヨークシャーテリア、コッカー・スパニエル、ウェスティ(ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア)などに発症率が高いといわれています。