一般外科

あいペットクリニック稲毛獣医科では、一般的な内蔵、消化器系の手術だけではなく、犬猫の帝王切開、骨折、脱臼などに対する整形外科まで広い範囲の手術を行っております。

外科の病気でよく見られる症状

後足を引きずる

犬猫ともに関節の異常や神経の異常が考えられます。

生後間もない小型犬では、レッグ・ペルテス病や股関節形成不全などが考えられます。また成犬では骨肉腫や椎間板ヘルニアが考えられます。

後ろ脚をスキップさせて歩く

膝蓋骨脱臼が考えられます。

外科の検査

本院では目の一般検査はもちろん、レントゲン検査、神経学的検査、超音波検査および血液検査を用いて迅速に診断治療いたします。

外科の代表的な病気

骨折

骨は本来は、固く弾力のある構造をしており、ある程度の外力には耐えられることができます。しかしその外力が限界を超えた場合、骨の連続性が途絶えます。これを骨折と呼びます。骨折が起こった場合、痛みが乗じたり、正常な歩行が出来ない、罹患した肢を地面に付かなくなるなどといった跛行が生じたりします。局所では腫れ、圧痛、発赤、内出血が認められたりする事があります。骨折の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は後肢の膝関節にある、いわゆる「皿」(膝蓋骨)が、溝(滑車溝)の内側や外側に外れる疾患です。大部分が遺伝的な原因によって起こりますが、まれに事故などによって後天的に起こる場合があります。また一般的に小型犬は膝蓋骨内方脱臼と言って、お皿が内側に外れる事が多く、その一方で中型及び大型犬では、膝蓋骨外方脱臼が多く見られます。膝蓋骨脱臼 (パテラ)の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

前十字靱帯断裂

前十字靱帯とは膝の関節を構成する靱帯のひとつです。この靱帯が損傷を受けると痛みと共に膝の安定性が無くなるため、完全に足を挙げたまま歩いたり、時折つま先のみ着地する程度の歩行を示します。前十字靱帯断裂の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

帝王切開

犬は安産のお守りになるなど、一般的に難産になる確率は3%程度と言われています。ですが難産、適当な陣痛が4時間以上続いているのに1頭も生まれない場合、1~2頭生まれ、その後4時間以上経過しても次が生まれない場合、母親が虚脱している場合などは、帝王切開を含めた適切な対処が必要になります。事前の予防のための検査や帝王切開手術については、千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら