腎泌尿器科診療

腎泌尿器の病気でよく見られる症状

尿が出ない(尿閉)

尿石症が考えられれます。高齢の動物の場合は膀胱の腫瘍の可能性もあります。

尿が全く出ない場合は、腎不全を併発する場合が見られます。速やかに受診してください。

尿の回数が多い、何度もトイレに行く(頻尿)

尿石症、膀胱炎などが考えられれます。未去勢の雄犬の場合は前立腺肥大、高齢の動物の場合は膀胱の腫瘍の可能性もあります。

尿に血が混じっている (血尿)

尿石症、膀胱炎などが考えられれます。未去勢の雄犬の場合は前立腺肥大、高齢の動物の場合は膀胱の腫瘍の可能性もあります。

尿の匂いが臭い

尿石症、膀胱炎などが考えられれます。未避妊のメス犬の場合は子宮や膣の病気の可能性もあります。

尿が薄い

腎不全の可能性があります。

腎泌尿器の病気の検査

本院では尿検査はもちろん、単純レントゲン、造影検査、超音波検査および血液検査を用いて迅速に診断治療いたします。

腎泌尿器の代表的な病気

尿石症

尿石症は尿中に排出されるミネラル成分が結晶化し、さらには結石を作り排尿障害を引き起こす病気です。多くの場合、血尿が出たり、トイレに何度も行っても尿が出切らない様子を示す場合が多く見られます。そのまま放置をした場合、尿閉(尿が出ない)を起こしたり、食欲不振、嘔吐、虚脱などを示す場合があります。尿石症の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

慢性腎不全

腎臓の働きである、血液中の不必要な物質をろ過する作用が、急激に低下したものが急性腎不全です。また慢性腎不全は、犬では、急性腎不全から移行したり、糸球体腎炎やアミロイドーシスから起こったりする事が多く見られます。猫でも、急性腎不全から移行、膀胱炎、尿石症、腎盂腎炎から2次的に起こる場合もありますが、多くの場合は、加齢に伴う腎機能低下から起こる事が多く見られます。腎不全の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

猫の嚢胞性腎症

猫の嚢胞性腎症は腎臓に液体がたまった袋状の組織(嚢胞)が多数できる病気です。その原因は加齢によるや遺伝によるものが多くみられます。遺伝による嚢胞性腎症の場合はペルシャ系の猫に多く見られる傾向がありましたが、近年の猫ブームでアメリカンショートヘア系での症例が急増しています。猫の嚢胞性腎症の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら