皮膚科


毛が抜ける、痒がる、赤みや湿疹がある。こういった症状は単純な細菌、真菌、寄生虫感染以外にも食物アレルギー、アトピーやホルモンバランスの異常、免疫病や皮膚腫瘍の可能性があります。

また単一の原因で皮膚病がおこることもありますが、多くの場合いくつかの要因が組み合わさって起こる事が多いです。まずはきちっと原因を究明して適切な治療方法を適用する事が重要です。

犬の皮膚の病気でよく見られる症状

痒がる

皮膚病にかかっている約50%が痒みがあるといわれています。

一般的に痒みの原因になるのは、以下の8つに大別出来ます。

1

ノミ

寄生虫介在性

2

疥癬

3

毛包虫

4

食事

I型アレルギー、Ⅳ型アレルギー

5

細菌

膿皮症

6

真菌

真菌症、マラセチア性

7

アトピー

I型アレルギー

8

乾燥あるいは脂症

 

単一の原因で皮膚病がおこることもありますが、多くの場合いくつかの要因が組み合わさって起こる事が多いです。まずはきちっと原因を究明して適切な治療方法を適用する事が重要です。他にも犬種、性周期、肥満度、精神的な要因も考慮する事が必要です。

毛が抜ける(脱毛)

痒みを伴うか伴わないかで大きく診断が変わります。

痒みがある場合

寄生虫感染や自分でなめてしまって脱毛を起こすことがあります。

痒みが無い場合

甲状腺機能低下症やクッシング症候群などのホルモン異常が考えられます。

湿疹ができる

膿皮症が考えられれます。

フケが出る

膿皮症や真菌感染などの皮膚炎が考えられます。他にも寄生虫感染やシャンプーのし過ぎで起こることがあります。

皮膚の病気の検査

本院では皮膚検査はもちろん、細菌培養、感受性検査、寄生虫検査、バイオプシー検査、場合によっては血液検査、アレルギー検査を用いて迅速に診断治療いたします。

皮膚の病気の治療

本院では血液検査、皮内試験、皮膚生検など専門検査をとりいれながら原因を追究し、出来る限りステロイド剤を用いない薬物療法、免疫療法、食事療法、シャンプー療法、オゾン療法を併用し、いろいろなアプローチで治療をしております。

皮膚の代表的な病気

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、ハウスダスト、花粉、食物などアレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)を吸引する事でおこるアレルギーの病気です。 発生機序は未だ解明されておらず、慢性の再発性の痒みを特徴とするものが圧倒的です。アトピー性皮膚炎の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

食物アレルギー

食物アレルギーは、アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)を摂取する事で起こります。牛肉、鶏肉、卵、乳などがアレルギーを引き起こす事が多く見られます。食物アレルギーの検査・予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

脂漏症

遺伝的要因、内分泌の異常、栄養バランスの偏り、アレルギーあるいは皮膚寄生虫の感染などによって、皮膚の角化が極端に進んだ、慢性の皮膚疾患を脂漏症と呼んでいます。脂漏症の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

膿皮症

膿皮症は、内因性および外因性の原因によって、皮膚のバリア機能が低下することで、細菌類などの異常増殖を招く感染性の皮膚の病気です。皮膚のバリヤ機能低下は、不適切なブラッシング、シャンプー、又は食事や外傷、環境条件の変化によってもおこります。膿皮症の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミアレルギー性皮膚炎は、ノミの唾液中に存在する抗原に対して過敏症を起こし、皮膚のかゆみを引き起こす病気です。繰り返しノミの抗原に曝露される事で、過敏症が引き起こされやすくなります。逆に持続的に曝露された場合は、過敏症は起こりにくくなるとも言われています。ノミアレルギー性皮膚炎の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

毛包虫

犬の毛包虫症は、皮膚の毛包中に多数のニキビダニがみられることが特徴です。二次的な細菌感染を起こすことが多く見られます。犬毛包虫(Demodex canis)は犬の皮膚の正常叢の一員であり、健康な犬でも少数は観察される事があります。毛包虫症(アカルス、ニキビダニ、デモデックス)の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

疥癬

犬の疥癬症は、疥癬(ヒゼンダニ)が、寄生する事が原因です。感染動物と直接接触することが、感染原因となります。疥癬 (ヒゼンダニ症)の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

マラセチア性皮膚炎

マラセチア性皮膚炎は、皮膚に常在する酵母状のカビの一種であるマラセチア菌による表在性の皮膚炎を言います。多くの哺乳類にとってマラセチア菌は皮膚の常在菌であるので、マラセチア菌の存在だけではマラセチア性の皮膚炎を起こすことはありません。皮膚表面の微小環境が変化する事で、マラセチア菌が増殖します。マラセチア性皮膚炎の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

外耳炎

外耳炎は、耳道内に耳垢がたまり変性する事で、雑菌やマラセチア菌などが繁殖して炎症を引き起こす事によって起こります。耳から悪臭や膿が出てきたり、耳を痒がったり、耳の周りが赤くなったりします。また耳をモノにこすりつけたり、後ろ足で耳の付け根を引っかいたりする動作も見られる事があります。外耳炎の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら