アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の原因

ハウスダスト、花粉、食物などアレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)を吸引する事でおこるアレルギーの病気です。 発生機序は未だ解明されておらず、慢性の再発性の痒みを特徴とするものが圧倒的です。 特徴的な徴候がなく様々な臨床症状を呈することから、アトピー性皮膚炎の診断は非常に難しいと言われています。

2010年にDr.Favrotによって発表された犬のアトピー性皮膚炎の診断基準によると、慢性の再発性の痒みを示す皮膚疾患で、

1.初発年齢が3才未満

2.飼育環境の多くが室内

3.ステロイド治療によって痒みがおさまる

4.慢性あるいは再発性の酵母(マラセチア)感染症がある

5.前肢に皮膚病変あり

6.耳介に皮膚病変あり

7.耳介辺縁には皮膚病変が無い

8.腰背部には皮膚病変が無い

上記8項目のうち5項目を満たせばアトピー性皮膚炎の診断率は感度85%、特異度79%。6項目を満たせば特異度89%に上昇するが感度は58%に低下するとされています。

アトピー検査

アトピー検査では、血液検査によって血液中のIgE(免疫グロブリンE)値を定量的に調べる事が重要です。この免疫グロブリンは、IgGを初め様々な型が存在します。その一方でIgEは正常犬の場合、全体の中の0.001%程度しか存在していません。信頼できる検査機関で検査をする事が大変重要です。

検査

料金

アレルゲン特異的IgE検査

12,000円(税抜)

Derf2検査

3,000円(税抜)

アトピー性皮膚炎の症状

体を痒がったり、湿疹が見られたら注意が必要です。一般的に発病の初期には痒みは季節性です。趾間を舐める、鼻をこすり付ける、鼠径部や腋窩を舐める噛むといった動作が見られます。  さらに二次感染性の膿皮症,外耳炎がみられる事があります。

慢性化に伴い、頚部腹側、腋窩などの脱毛が進み、色素沈着や苔癬化する事があります。

犬での初発年齢は、3ヶ月~6歳の幅があり、平均初発年齢は1~2歳と言われています。アトピー性皮膚炎の場合、症状は年々悪化し,季節性の発症は非季節性となることが多く見られます。

アトピー性皮膚炎の治療

内科療法、注射(減感作療法、インターフェロン療法)外用薬、食事療法、シャンプー療法を組み合わせる事によって治療します。

治療方法

長所

短所

内科

療法

ステロイド剤
(副腎皮質ホルモン)

○ 即効性がある
○ 有効率ほぼ100%と高い
○ 薬価が安い
(1錠 100円~)
 ○ 副作用が強い
(肝機能、子宮疾患)
投薬をやめると再発する

抗ヒスタミン剤

○ 副作用が少ない
○ 薬価が安い
(1錠 100円~)
 ○ 有効率が約30%と低い

免疫抑制剤

 ○ 有効率約70%
○ ステロイド剤の代替
○ 免疫を抑制する
(感染症等の副作用)
○ 薬価が高い
(1錠 300円~)
投薬をやめると再発する

注射

減感作療法

○ 唯一の根本的治療
○ 副作用が少ない
○ 有効率約70%
 ○ 開始時にIgE検査が必要
○ 26回の注射
○ 費用
体重に関係なく、6万5千円

犬インターフェロン療法

○ アレルギー体質の改善
○ 副作用が少ない
○ 有効率約70%
○ 8回~12回の注射が必要
(体重6kgで、合計2~3万円)

アトピー性皮膚炎の予防

生活環境を見直す事で予防や症状の改善を図る事が出来ます。こまめなシャンプー、家を清潔にする事、また低アレルギーの食事などは効果があります。

アトピー性皮膚炎の関連疾患

食物アレルギー、ノミアレルギー

アトピー性皮膚炎の好発犬種

柴犬  シーズー

Reference
2010 ESVD and ACVD, Veterinary Dermatology,21,23-31
犬のアトピー110番