疥癬 (ヒゼンダニ症)

原因

犬の疥癬症は、疥癬(ヒゼンダニ)が、寄生する事が原因です。感染動物と直接接触することが、感染原因となります。

症状

疥癬が皮膚の角質に穴をあけ、その穴に産卵するため、強烈な痒みが生じる事が特徴です。

治療

スクラッチ検査といった皮膚を削って疥癬の有無を顕微鏡下でしらべて確定診断を行います。ただし検出率が低いため耳介後肢反射など有無、臨床症状などから試験的な治療を行うこともあります。

予防

日常から清潔にする事が大切です。またフロントラインなどのノミ・マダニの駆虫薬より、レボリューションなどの新しい薬の方が予防、治療効果が高いです。


関連疾患

膿皮症、アトピー性皮膚炎

好発犬種

全犬種