脳炎


原因

脳炎を引き起こす感染性(外因性)の原因は、以下のように様々です。

○ ジステンパー    (ウイルス)
○ トキソプラズマ    (原虫)
○ クリプトコッカス    (真菌)

その一方で下記の通り、免疫の異常などで生じる脳炎もあります。

病名

好発犬種

病態

 肉芽腫性髄膜脳炎
GME

 犬特異性が少ない
チワワ、パピヨン、トイ・プードルなど
 いろいろなタイプがあるが、大脳白質、小脳白質、脳幹などに肉芽腫病変を生じる

 壊死性髄膜脳炎
NME
(パグ脳炎)

 パグ、ペキニーズ、シーズー、マルチーズ、チワワ、ポメラニアン、パピヨン  大脳皮質にリンパ球性の炎症および壊死を起こす

 壊死性白質脳炎
NLE

 ヨーキー、チワワ、パピヨン  大脳白質、脳幹がリンパ球性の炎症および壊死を起こす

なお、免疫異常の発生のメカニズムに関しては詳しく解っていません。


症状

発生部位や範囲によってその症状は様々です。一般的には、以下のような症状が見られます。

○ 視覚障害
○ てんかん様発作
○ 旋回運動や姿勢の異常
○ 意識レベルの低下
○ 行動の異常
○ 食欲の変化


治療

まずは診断が大切になります。MRI検査、脳脊髄液検査が重要です。この際は麻酔が必要になります。

感染性のものであれば、感染症の治療が必要です。免疫異常の場合は一般的に、免疫抑制剤による治療が必要です。多くの場合、長期に渡る治療が必要になります。


予防

効果的な予防方法はありません。早期発見と早期の治療開始が重要です。


関連疾患

ジステンパー 、トキソプラズマ、クリプトコッカス、てんかん


好発犬種

上記の通り