腫瘍科診療

しこり・できものがある、はれているなど体の表面であれば手術により根治の可能性もあります。しかし腫瘍は内臓や血液にも発生することもあり、その場合は飼い主様が異常に気付く頃にはかなり進行してしまっています。

6歳~7歳以降は定期的に健康診断をお勧めいたします。万が一、腫瘍が発見された場合、レーザーを用いた外科療法あるいは抗癌剤療法で対応いたします。放射線療法や免疫療法が必要な時も、二次診療施設が迅速に受診できるようになっております。

 

AI Pet Clinic – Medical Care Detail

リンパ腫

リンパ腫 (造血系腫瘍)は、細菌の進入などに対する防御機能の働きがあるリンパ組織の細胞が癌化する病気です。白血病と類似した「血液のがん」に分類されます。以前は「悪性リンパ腫」と言われたこともあるようですが、現在はリンパ腫で統一されています。犬のリンパ腫の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

乳腺腫瘍

乳腺腫瘍は、犬の場合、左右5組み、計10個の乳房がありますが、その一部ががん化する病気です。飼い主が、乳腺のしこりとして発見する場合が多いです。そのまま放置した場合、徐々に腫大化し、遠隔に転移する場合があります。乳腺腫瘍の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

肛門周囲腺腫

肛門周囲腺腫はホルモン依存性の上皮系の良性腫瘍です。一方、肛門周囲腺がんは、悪性であり深部への浸潤が見られ、遠隔転移を起こします。肛門周囲の皮膚に単独あるいは多発性に腫瘍ができます。腫瘍が大きくなると、自壊して出血を起こす事があります。肛門周囲腺腫・肛門周囲腺がんの予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

肥満細胞腫

肥満細胞腫は肥満細胞が癌化した腫瘍で、多くは体の表面にしこりを作ります。様々な挙動を示します。数ヶ月前から変わらずに存在したかと思えば、数日で急速に大きくなったり。ブヨブヨのしこりもあればカチカチのしこりもあります。肥満細胞腫の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら

縫合糸肉芽腫

縫合糸肉芽腫は無菌性脂肪織炎、糸アレルギーとも呼ばれていている、縫合糸に対するアレルギー反応を起こす病気です。ほとんどの外科手術は、止血のために体内に糸を残し、特に絹糸を使用した場合にこの病気を発症する事が多いです。縫合糸肉芽腫の予防・治療については千葉市稲毛区の動物病院、あいペットクリニック稲毛獣医科へ。

詳しくはこちら