乳腺腫瘍


原因

犬の場合、左右5組み、計10個の乳房がありますが、その一部ががん化する病気です。

詳しい発生のメカニズムは解明されていませんが、女性ホルモンが関与している事は解っています。


症状

飼い主が、乳腺のしこりとして発見する場合が多いです。そのまま放置した場合、徐々に腫大化し、遠隔に転移する場合があります。

一般的に約50%は良性と言われている反面、下図のような悪性度の極めて高い炎症性の乳がんもあります。


治療

腫瘍の外科的な切除が必要です。

その切除の方法は
①    全乳腺摘出術
②    片側乳腺摘出術
③    部分切除
④    単切除
など、様々な方法がありますが、年齢、発生場所、悪性良性の診断、QOLを考慮したうえで判断します。

病理検査の結果、悪性度が高い場合は、ドキソルビシンなどの化学療法を併用する場合があります。


予防

早期の避妊手術が予防になります。初回発情前に避妊手術すると99.5%、乳腺腫瘍の予防ができると言った報告もあります。その反面、2歳半を超えてからの避妊手術は予防効果が無いと言われています。


関連疾患

乳腺炎


好発犬種

高齢の未避妊メス犬