麻酔科


麻酔は1800年代から徐々に開発されており、今も開発・改良が重ねらています。この麻酔のお陰で動物に対して大きな痛みを与えずに外科的な処置が出来る事が可能になりました。

麻酔の目指すものは「安全にかけて、確実に覚ます」ことです。昔に比べると、安全性の面では格段に進歩していますが、今でもまだ生体に対してまったくリスクのない麻酔方法は存在していないのも事実です。
よって考えるべきはいかにして麻酔のリスクを軽減するかが重要になります。

すなわち限りなく、麻酔のリスクを0に近づけるよう努力することはできます。