チワワの腫瘍~良性か悪性か鑑別がつかない

チワワの腫瘍~良性か悪性か鑑別がつかない

ご質問

チワワ10歳なのですが口元に数ミリの腫瘍ができ針生検を行いました。

機関に送り結果が出たのですが結果は『いくつかの細胞は見られるものの、良性とも悪性ともわからない状態。病名ははっきりしない』との事でした

獣医さんからは

 全身麻酔をし切除し再度検査か

様子観察かの選択肢とお話がありました。

 こちらの病院では腫瘍科があるようでセカンドオピニオンを考えたのですがこの場合、セカンドオピニオンをしても選択肢は変わらないでしょうか?

 悪性か良性かほっといていいものなのかわからないので選択肢を悩んでます

ご回答

チワワちゃんの腫瘍の件心配ですね。
質問に回答致します。

針生検を日々行っていますが、確定診断が出来ることの方が少ないです。特に小さい腫瘍であればなおさらです。 悪性か良性の判断は難しく、白黒はっきりしているものではありません。いわゆるグレーゾーンの方が多いです。

実際に病理の医師が顕微鏡下で判断するのですが、例えば細胞の話だと、難しくなりますが、細胞分裂が多い、核の大小差が大きい、核小体が見られるなどなど悪性の可能性が高いと判断します。

今回のチワワちゃんのケースですが、小さい腫瘍であれば、当院では全身麻酔は不要だと思います。

以下のページを見てみてください。

https://aipetc.com/獣医科/先端医療/凍結療法